出版社販売書籍のご紹介

現在好評販売中の漢方関連書籍をご紹介いたします。こちらでご紹介している書籍は各出版社様のサイト等からご購入いただけます。また、「試しにちょっとだけ読んでみたい!」という方は、漢方Libraryアプリの「試し読みコーナー」にて無料で試し読みできる書籍もございますので、併せて是非ご活用ください。

源草社

急性期 漢方マニュアル

急性期 漢方マニュアル

著者
中永 士師明(なかえ はじめ)
発行
源草社
詳細

救急医が書いた、全く新しい漢方マニュアル。
急な症状や発作に、激しい症状に、突然の怪我に、そして、災害医療への漢方応用にも言及します。 わかりやすく図解し、漢方用語解説、詳細さくいん付き。

●まえがきより(抜粋)
「著者自身がこれまで長きにわたって救急医療に携わってきた中で、西洋医学だけで解決できなかった症状に対し、漢方治療単独もしくは併用で解決できた症例は枚挙に暇がない。
 漢方は自分で使ってみて確信を得ないことには外に出せないと思い、これまでひたすら症例を積み重ねてきた。そのようにして、漢方治療を行った自験例も5,000 例を超え、ある程度の再現性も得られると確信に至ってきた…」

発行日
2019/5/25
サイズ
A5判
頁数
176頁
価格
本体3,000円+税

ご購入はこちらから
(出版社のサイトへ移動します)

漢方学舎 白熱教室 入門編

漢方学舎 白熱教室 入門編

著者
大野 修嗣
発行
源草社
詳細

医師向け超人気セミナー講師が書き下ろした“現代医療のなかで漢方理論を活用する”1冊

著者が精力的に講師を務める医師向けセミナー。その数、全国で年間数十回!
本書はこれまで開催されてきたセミナーの内容をベースに、多くの症例・図表を加えて新たに書き下ろした作品です。
西洋医学を踏まえた論述で、これまでの漢方入門書とは一線を画す全くオリジナルな内容と構成はまさに圧巻。
症例とカラー図解で、初心者から中級者まですぐに応用可能。漢方の基礎から実践を凝縮した白熱の1冊!

発行日
2015/6/1
サイズ
A5判
頁数
304頁
価格
本体4,000円+税

ご購入はこちらから
(出版社のサイトへ移動します)

リアル傷寒論

リアル傷寒論

著者
齋藤 謙一
発行
源草社
詳細

まったく新しいアプローチによる、驚愕の謎解き傷寒論。定説を覆す画期的な1冊!
(序文より)
本書は、従来の解説書にはなかった方法により、傷寒論を再構築し、原典と考えられる姿にして、今日の私たちが実際に応用できる書物を目標とした。具体的には、傷寒論の原作者たちの「考え方」に基づく「原理・原則」に従って、原文と補入文(後人たちによる書き込み文や註釈など)を選別した。

発行日
2019/10/20
サイズ
A5
頁数
592頁
価格
本体8,000円+税

ご購入はこちらから
(出版社のサイトへ移動します)

防がん・抗がんの薬膳 -中医学からの提案ー

防がん・抗がんの薬膳 -中医学からの提案ー

著者
辰巳 洋
発行
源草社
詳細

現代の難病 “がん” に中国伝統医学で挑む!再発予防と抗がんのための220の薬膳メニューを収載。
日本人によくみられる18種類の悪性がんについて、それぞれにタイプ分類を行い、各タイプについて〈症状/立法〉〈食材・中薬/方剤/薬膳メニュー〉を詳述。
「防がん・抗がん作用のある食薬」「常用方剤」「中医学の治療」「不快な症状への対応」など総論の論述は必読。中医学最前線からの珠玉の提案も。

発行日
2012/7/25
サイズ
A5
頁数
344頁
価格
本体4,000円+税

ご購入はこちらから
(出版社のサイトへ移動します)

文庫・傷寒論

文庫・傷寒論

著者
森 由雄
発行
源草社
詳細

悠久の時を経て、遂に傷寒論が文庫に!
傷寒論の学習や暗記のために、傷寒論の原文の書き下し文と、熟練の編著者・森由雄による簡潔な〔注〕を収載して、ポケット化。「いつでも傷寒論を持ち歩ける」と評判の一冊です。

発行日
2018/10/1
頁数
192頁
価格
本体1,200円+税

ご購入はこちらから
(出版社のサイトへ移動します)

かるたde漢方

かるたde漢方

著者
草鹿 砥千絵 ほか
発行
源草社
詳細

イラストと川柳かるたで漢方薬を表現したユニークな漢方書。ビギナーから専門医試験にまで幅広く対応します。
主要129漢方方剤の薬効を「川柳風かるた」に落とし込み、診察室のやりとりを「患者イメージイラストと台詞」でビジュアル化。役立つ方剤使用頻度情報はパンダの数で表します。
組成記憶の奥の手「語呂合わせ」で、あなたも漢方マスター間違いなし!

発行日
2011/06/20
頁数
224頁
価格
本体1,900円+税

ご購入はこちらから
(出版社のサイトへ移動します)

「傷寒・金匱」薬方大成 八味以上編

「傷寒・金匱」薬方大成 八味以上編

著者
中川 良隆
発行
源草社
詳細

漢方臨床家に高い評価を得つづける「傷寒・金匱薬方解説シリーズ」の、完結編。
*小青竜湯、八味丸、柴胡桂枝湯、炙甘草湯、当帰四逆加呉茱萸生姜湯など重要処方満載。
*傷寒・金匱から関連するすべての条文を取り上げ、条文の字句解釈、漢方病理、薬方中の各生薬の働き等々、臨床経験豊富な著者が、自らの視点で一から再検討。
*著者は2012年度日本東洋医学会「大塚敬節記念東洋医学賞」受賞
*わかりやすい図表、症例を多数掲載。構成生薬解説付き。
*巻末にはシリーズ総索引掲載。

発行日
2019/12/25
サイズ
A5
頁数
544頁
価格
本体5,000円+税

ご購入はこちらから
(出版社のサイトへ移動します)

早わかり薬膳素材

早わかり薬膳素材

著者
辰巳 洋
発行
源草社
詳細

薬膳愛好家の要望に応え、ついに実現した1 冊!
薬膳料理を作ったりメニューを考案したりする際には、使う食材の効能や性質を知ることが不可欠になります。本書は、その効能、性質(温や寒、甘い・辛いなど)、また応用(どういう症状に使われるか)、使用上の注意などを一覧にした簡明な辞典です。
*薬膳素材400 余種を一覧。
*一目で薬膳素材がわかる実用性重視の簡明辞典。
*軽いソフトな作りで、教室や講演会への持ち運びがラク。
*大好評『薬膳素材辞典』(現在8刷)の姉妹編です。

発行日
2017/6/10
頁数
228頁
価格
本体3,800円+税

ご購入はこちらから
(出版社のサイトへ移動します)

漢方学舎 実践編1―臨床カンファレンス実体験

わかる・使える漢方方剤学[経方篇1]

著者
大野 修嗣
発行
源草社
詳細

生の症例検討を体験することで、漢方治療の“勘所”がみえてくる!!
漢方に興味をもつ(初心者を含む)ドクターたちが集う「インターネット漢方塾」を書籍化。編著者である大野塾長の出題(症例提示)に塾生たちが回答、さらに質疑応答が繰り広げられるが、そこに展開する塾長と塾生たちの熱いバトルが大人気となった。
まるでカンファレンスに参加しているような臨場感溢れるシリーズの第1弾は、その内容の第1回〜50回までを完全収録!

発行日
2016/12/15
サイズ
A5
頁数
288頁
価格
本体2,800円+税

ご購入はこちらから
(出版社のサイトへ移動します)

漢方学舎 実践編2―臨床カンファレンス実体験

漢方学舎 実践編2―臨床カンファレンス実体験

著者
大野 修嗣
発行
源草社
詳細

大人気サイト「インターネット漢方塾」の書籍化第二弾!
漢方に興味をもつ(初心者を含む)ドクターたちが集う「インターネット漢方塾」書籍化の第二弾。2005年に始まり、11年間月1回のペースで配信されたカンファレンスは、回を重ねるごとにより熱を帯び、通算127回にまで及んだ。今回は、第51回〜95回までを完全収録!

発行日
2018/8/1
サイズ
A5
頁数
304頁
価格
本体2,800円+税

ご購入はこちらから
(出版社のサイトへ移動します)

中医臨床基礎学ー中医学教科書シリーズ①

中医臨床基礎学ー中医学教科書シリーズ①

著者
辰巳洋
発行
源草社
詳細

限りなく実践的な指針で編集された‘臨床基礎学’。
本書では、中医学の臨床で最も重要な「弁証法」を、
入門書にありがちな退屈な理論的記載を排除し、
日本人に分かり易く、臨床上必須の事柄のみを取り上げました。
詳細な温病弁証は必読です!

発行日
2018/2/1
サイズ
B5判並製
頁数
128頁
価格
本体2,000円+税

ご購入はこちらから
(出版社のサイトへ移動します)

中医婦人科学ー中医学教科書シリーズ②

中医婦人科学ー中医学教科書シリーズ②

著者
辰巳洋
発行
源草社
詳細

中医学の最重要科目「婦人科学」は、中医学の白眉!
「月経病」「帯下病」「妊娠病」「産後病」「雑病(その他の婦人病)」と、婦人病全般について取り上げ、それぞれの弁証方法と分析、使用方剤について、疾患・症状別にきわめて詳細に解説しています。
実践応用が即可能となる実用的な1冊。

発行日
2018/4/5
サイズ
B5判並製
頁数
232頁
価格
本体2,500円+税

ご購入はこちらから
(出版社のサイトへ移動します)

中医小児科学ー中医学教科書シリーズ③

中医小児科学ー中医学教科書シリーズ③

著者
辰巳洋
発行
源草社
詳細

子どもの多種多様な疾患・症状に対応する、中医学による小児科教科書!
知力・体力の未発達な子どもは、実に多くの、そして多彩な疾病に罹患してしまいます。
そんな弱さに深く鋭く斬り込み、日本ではまだ殆ど知られていない、子どもに対する
中医学独特の診断と治療法を網羅した1冊です。
巻末に簡潔で便利な「生薬一覧表」付き。

発行日
2018/12/15
サイズ
B5判並製
頁数
232頁
価格
本体2,500円+税

ご購入はこちらから
(出版社のサイトへ移動します)

きぐすり曼陀羅

きぐすり曼陀羅

著者
田畑 隆一郎
発行
源草社
詳細

曼陀羅とは、サンスクリット語mandala(マンダラ)のことで、「本質を有するもの」という意味。本書は、本質を有する「きぐすり」を効かせるためのノウハウを紡ぎだし、編み込まれました。

発行日
2016/02/10
サイズ
A5判並製
頁数
432頁
価格
本体5,000円+税

ご購入はこちらから
(出版社のサイトへ移動します)

漢法治癒ノート

漢法治癒ノート

著者
田畑 隆一郎
発行
源草社
詳細

漢方処方後の治癒への道筋が一目瞭然でわかる実用書。全体を「表(ノート)」で構成しているのが、本書の特長です。

第1部「症候、二味の薬徴と薬方」では、
病者から得た情報を'二味の薬徴'でまとめ、薬方として整理・展開。
第2部「薬徴とそのパートナー」では、
'二味の薬徴'の成立と応用を一覧します。
大きなB5サイズとしたのは、視覚的に理解が出来るようにとの工夫から。

長年の経験から生まれた著者自身の言葉で、漢方をそして傷寒論を語る箴言集とも言える1冊です。

発行日
2017/11/25
サイズ
B5判並製
頁数
272頁
価格
本体8,000円+税

ご購入はこちらから
(出版社のサイトへ移動します)

東洋学術出版社

漢方診療ワザとコツ

漢方診療ワザとコツ

著者
織部 和宏
発行
東洋学術出版社
詳細

日本漢方と中医学の真髄を知り尽くした著者が、見事な治療経験を惜しみなく伝える。
14年間にわたって漢方専門誌に連載してきた原稿を大幅に加筆・修正して単行本化。
日本漢方の大家、山田光胤先生から学んだ腹診の技術と、中国の中医師から学んだ中医理論の両方を駆使して治療にあたる。難治疾患を治癒させた例を多数紹介。
「織部塾」で漢方専門医を育成する、すぐれた指導者としての一面を本書でも発揮。どのように勉強して漢方の実力をつけるべきか、示唆に富む内容。
軽やかでユーモアに満ちた文章が読者を漢方の世界の深みに誘う。

著者略歴

織部 和宏(おりべ・かずひろ)
1947年 大分県生まれ。
1973年 神戸大学医学部卒業。神戸大学医学部附属病院放射線科医局入局。
1976年 九州大学医学部温泉治療学研究所附属病院(九州大学病院別府先進医療センター)内科入局。外来医長・病棟医長を歴任。
1980年 大分赤十字病院第二内科部長・九州大学医学部生体防御医学研究所講師を兼任。
1986年 織部内科クリニック(大分市)開院。
2002年 織部塾開塾。後進の指導にあたる。
2012年 日本東洋医学会奨励賞受賞。
2015年 第19回東亜医学協会賞受賞。
現在 大分大学医学部臨床教授を兼任。日本東洋医学会指導医・漢方専門医・代議員・元大分県部会会長。大分県医師会副会長。日本医師会代議員。
著書 『漢方事始め』(日本医学出版)、『吉益東洞先生はそうおっしゃいますが』(たにぐち書店)など。

サイズ
A5判
頁数
272頁
価格
本体3,600円+税

ご購入はこちらから
(出版社のサイトへ移動します)

図解・表解 方剤学

図解・表解 方剤学

著者
滝沢 健司
発行
東洋学術出版社
詳細

方剤学は漢方治療を行ううえで欠かすことのできない学問であるといってよい。本書は、本格的に中医学を実践してきた著者が、中国で教科書として用いられている方剤学のテキストをもとに、独自の視点と方法でまとめ上げた実用的な参考書である。
本書では、225の主要方剤と180の関連方剤について中医学的に解説。オリジナルの図表で構成生薬の役割と関係性が一目でわかり、病態から方剤の選択へと結びつける力がつく。漢方初心者から中級者まで、座右に置いて役に立つ一冊。

著者略歴

滝沢 健司(たきざわ・けんじ)
医学博士
1965年 埼玉県生まれ
1993年 福島県立医科大学医学部卒業
東京大学医学部附属病院(物療内科・第一内科)、三楽病院内科にて研修
1999年 東京大学大学院医学系研究科博士課程(アレルギー・リウマチ学)修了
新松戸中央総合病院内科勤務
2001年 東京女子医科大学附属膠原病リウマチ痛風センター 助手
2003年 東京女子医科大学附属東洋医学研究所
2005年 遼寧中医大学附属日本中医薬学院卒業
A級国際中医師免許取得
現在 東京女子医科大学附属東洋医学研究所 非常勤講師
埼玉医科大学東洋医学科 非常勤講師
上海中医薬大学附属日本校 客員准教授
日本内科学会 総合内科専門医・日本東洋医学会 専門医・日本リウマチ学会 専門医

サイズ
B5判
頁数
600頁
価格
本体7,200円+税

ご購入はこちらから
(出版社のサイトへ移動します)

マンガ 食事と漢方で治すアトピー性皮膚炎

マンガ 食事と漢方で治すアトピー性皮膚炎

著者
三宅 和久
発行
東洋学術出版社
詳細

患者指導に役立つアトピー治療の基本である食生活や日常生活について、著者が自分の患者に伝えたいことを愉快なマンガに託した。治療食の簡単な作り方、治療効果を高める睡眠の取り方、ステロイドの適切な使い方、市販の灸を使った自己施灸の方法など、患者にとって実用的な情報を満載。このマンガには、タイプの異なる6人の患者が登場する。著者をモデルにした漢方医が、それぞれを診察・治療していく過程が面白おかしく描かれ、笑いながら自然に漢方の勉強ができる筋立てになっている。特に、患者1人ひとりを丁寧に温かく、ときに厳しく指導する場面からは、漢方治療の何たるかを教わる。漢方入門段階の医師・薬剤師・鍼灸師に役に立つ一冊。

サイズ
A5
頁数
136頁
価格
本体1,800円+税

ご購入はこちらから
(出版社のサイトへ移動します)

古今名方 漢方処方学時習

古今名方 漢方処方学時習

著者
髙山 宏世
発行
東洋学術出版社
詳細

漢方医学書のベストセラー『腹証図解 漢方常用処方解説』(通称:赤本)を自習するための解説書(通称:青本)。『赤本』の姉妹版として、その解説を補足する目的で編集され、同書収録の126処方に関連処方を加えた全156処方を収録。処方は効能別に章を分け、それぞれ組成・病態・方義・症状・臨床応用・症例を解説。各処方とも日本漢方と中医学の両方の角度から明快に解説してあり、実際の応用に役立つ。

サイズ
A5
頁数
259頁
価格
本体1,300円+税

ご購入はこちらから
(出版社のサイトへ移動します)

[新装版]実践漢薬学

[新装版]実践漢薬学

著者
三浦 於菟
発行
東洋学術出版社
詳細

薬能の類似した生薬をひとまとめにして、類似点と相違点を比較した生薬の解説書。南京中医学院の陳育松先生(中薬学教研室)の中薬学の講義と講義録がベースになっている。「総論」では、生薬を実践的に応用するために、その効能や性質、用薬方法などの基本を学べる。「各論」では、効能別に生薬を18の薬物群に大分類し、各群ごとに総論を設け、分類薬の効能や使用方法を概括。さらに効能や性質によって再分類をはかり、「効能・適応証」「気味・帰経」「分類」「使用上の注意」を記載。そのうえ類似薬の鑑別表を設けて、実践的な理解をうながす。

サイズ
A5
頁数
462頁
価格
本体5,600円+税

ご購入はこちらから
(出版社のサイトへ移動します)

[新装版]中医学入門

[新装版]中医学入門

著者
神戸中医学研究会
発行
東洋学術出版社
詳細

中医学の全体像を1冊の本にまとめた解説書としてすでに高い評価を獲得し、30年にわたって版を重ねてきた名著の第3版。中医学の生理観・病理観から、中医学特有の診断方法、弁証論治の概要について網羅し、中医学の世界へ誘う。新装版では、中医学の原点に戻って、弁証論治にいたる基礎、とくに最も中医らしい考え方である陰陽論や、人体を構成する基礎物質に対するとらえかたなどで、旧版とは一新。

サイズ
A5
頁数
364頁
価格
本体4,800円+税

ご購入はこちらから
(出版社のサイトへ移動します)

乾くんの教えて!中薬学

乾くんの教えて!中薬学

著者
石井 尊子
発行
東洋学術出版社
詳細

フルカラーのマンガで中薬学を学べる。本書では「本草商店街」を舞台に、漢方薬局に勤める薬剤師の姜乾(きょうかん)と、そのお父さんで中医師の姜生(きょうしょう)が、中薬の性能・炮製技術・産地と採集などの事柄から中薬学の面白さを再発見していく。中薬学の学習とは、中薬の効能や帰経などを覚えることではない。中薬の昇降浮沈や体の昇降出入の循環、薬性と四季と人体の関係、薬同士の配伍関係などを学ぶことで、中医学の根底に流れる「人と自然とのかかわり」を知ることである。本書を読めばきっとその意味がわかるだろう。

サイズ
A5
頁数
208頁
価格
本体3,600円+税

ご購入はこちらから
(出版社のサイトへ移動します)

傷寒論を読もう

傷寒論を読もう

著者
髙山 宏世
発行
東洋学術出版社
詳細

漢方を学ぶ医療関係者にとっての必読書でありながらも、読みこなすことが難しい『傷寒論』を、著者が条文ごとにやさしい語り口で解説。初学者にもわかりやすく、ひとりで学べる。中医学的な病態分析で、背景にある生理・病理を理解しやすい。各篇中で述べられている病態・治療方針・処方を明解にチャート化。さらに40種の患者イラスト入り「重要処方図解」付きで、臨床でも大いに参考になる。

サイズ
A5
頁数
480頁
価格
本体4,000円+税

ご購入はこちらから
(出版社のサイトへ移動します)

わかる・使える漢方方剤学[時方篇]

わかる・使える漢方方剤学[時方篇]

著者
小金井 信宏
発行
東洋学術出版社
詳細

「傷寒・金匱」以降の処方である時方を取り上げ、図解・表解で方剤の意味を、比較方式で各方剤の特徴を解説する。背後にある理論とつなげて、方剤を理解する。原典のほか、歴代の多様な用法、関連する理論・手法も紹介。1970年代以降の現代中医学の研究成果も盛り込む。さらに、臨床の実用書として、方剤ごとに「適応証」「薬の作用」「使用法」を分かりやすく解説。方剤を「さまざまな用薬法の集合体」と捉え、多くの応用例を紹介。常識的な使用法のほか、広い範囲にわたる発展的用法も知れる。「漢方製剤の使い方」から「生薬の処方」まで、段階的に理解する。

サイズ
B5
頁数
352頁
価格
本体4,200円+税

ご購入はこちらから
(出版社のサイトへ移動します)

わかる・使える漢方方剤学[経方篇1]

わかる・使える漢方方剤学[経方篇1]

著者
小金井 信宏
発行
東洋学術出版社
詳細

「傷寒・金匱」の処方を取り上げ、図解・表解で方剤の意味を、比較方式で各方剤の特徴を解説する。原典に「縛られすぎず離れすぎず」に経方の世界を紹介。歴代のさまざまな解釈を紹介し、その問題点や利点を指摘。テーマ毎に多くの症例を提示し、より具体的な理解をサポート。さらに、臨床の実用書として、方剤ごとに「適応証」「薬の作用」「使用法」をわかりやすく解説。方剤を「きまざまな用薬法の集合体」と捉え、多くの応用例を紹介。常識的な使用法のほか、広い範囲にわたる発展的用法も知れる。「漢方製剤の使い方」から「生薬の処方」まで、段階的に理解する。

サイズ
B5
頁数
340頁
価格
本体4,200円+税

ご購入はこちらから
(出版社のサイトへ移動します)

金匱要略も読もう

金匱要略も読もう

著者
髙山 宏世
発行
東洋学術出版社
詳細

「傷寒・金匱」と並び称され、『傷寒論』と一体不可分のものでありながら、『金匱要略』はなかなか読まれていない。そんな現状を惜しむ著者による『金匱要略』の手引き書。『金匱要略』を条文ごとに著者がやさしい語り口で解説する。初級者にも中級者にも最適の1冊。50種の患者イラスト入り「処方図解」付き。

サイズ
A5
頁数
536頁
価格
本体4,500円+税

ご購入はこちらから
(出版社のサイトへ移動します)

医学生のための漢方医学【基礎篇】

医学生のための漢方医学【基礎篇】

著者
安井 廣迪
発行
東洋学術出版社
詳細

はじめて漢方医学を学ぶ方に最適の一冊。臨床において必要な、中医学と日本漢方の最低限の基礎知識が身に付く。本書では、歴史と現況を把握したうえで、「基本概念・診断・薬物・処方・治療」の基礎をしっかり学べる。「中国伝統医学の全体像の中で漢方医学を論じる」――いままでの教科書にはなかったカリキュラム構成。

サイズ
A4変形
頁数
242頁
価格
本体4,200円+税

ご購入はこちらから
(出版社のサイトへ移動します)

「証」の診方・治し方2-実例によるトレーニングと解説-

「証」の診方・治し方2-実例によるトレーニングと解説-

著者
呉澤森・高橋楊子
発行
東洋学術出版社
詳細

この症例はどのように分析・治療すればよいのか,第2弾。前書『「証」の診方・治し方――実例によるトレーニングと解説――』の続篇。臨床でよくみられる30の実症例を例に,呈示された症例をまず自力で解き,その後に解説を読むことで「証」を導く力を鍛える。取り上げた症例は実際の臨床例で,内科だけでなく整形外科・耳鼻科疾患など多岐にわたる。長年,中医教育に力を注いできた経験豊富な著者らによる丁寧かつ実践的な解説で,初学者から中級者のトレーニング用として,また症例集としてすべてのレベルの人におすすめできる。

サイズ
B5
頁数
352頁
価格
本体3,800円+税

ご購入はこちらから
(出版社のサイトへ移動します)

中医臨床のための温病学入門

中医臨床のための温病学入門

著者
神戸中医学研究会
発行
東洋学術出版社
詳細

温病学を基礎から学べる本邦唯一のテキスト。わが国では『傷寒論』の解釈と運用に重点がおかれ,温病学は馴染みが薄い。しかし湿気の多い日本の気候風土では,じつは温病学の理論と処方を応用できる局面が多い。また温病学はもともと外感熱病のために考案されたが,いまでは感染症ではない炎症性の疾患を中心に広く活用されている。特に難治性の疾患は「湿」と「熱」が関係していることが多く,そんなときにも温病学の考えが役立つ。

サイズ
B5判
頁数
216頁
価格
本体4,200円+税

ご購入はこちらから
(出版社のサイトへ移動します)

チャート式皮膚疾患の漢方治療

チャート式皮膚疾患の漢方治療

著者
内海康生・大竹直樹・黒川晃夫・武市牧子・田邊惠美子・橋本喜夫・森原潔・栁原茂人・吉木伸子
発行
東洋学術出版社
詳細

漢方処方の選択は難しいとされているが,本書ではフローチャートを用いることによって,4~6剤の基本的な処方の鑑別法を一目で捉えられるようになっている。各疾患における漢方治療の位置づけ,代表的な漢方治療の方法,注意点,効果判定のポイントなどについても詳説されており,漢方の初学者にも理解しやすい。本書では,尋常性痤瘡・アトピー性皮膚炎・蕁麻疹・酒皶・乾癬・乳児湿疹・老人性皮膚瘙痒症・帯状疱疹・イボ・皮膚潰瘍・多汗症・美容領域・心因性皮膚疾患を取り上げる。症例紹介では,治療経過を辿ることで処方選択についての理解を深めるとともに,実際の症例写真により皮膚の症状と治療効果が確認できる。皮膚科医だけでなく,他科の医師にも漢方入門書として役立ててもらえる一冊である。

サイズ
B5判
頁数
116頁
価格
本体2,400円+税

ご購入はこちらから
(出版社のサイトへ移動します)

中山書店

高齢者プライマリケア漢方薬ガイド-チーム医療で必ず役立つ56処方

高齢者プライマリケア漢方薬ガイド-チーム医療で必ず役立つ56処方

著者
加藤 士郎
発行
中山書店
詳細

高齢者のプライマリケアに活用できる漢方薬処方ガイドの決定版! 高齢者の疾患29に対し、最初に使いたいファーストライン3処方を中心に適応症状や使い方のポイントを解説。ひと目で分かる症状のイラストや図を駆使してビジュアルに理解できるように工夫。医師はもとより薬剤師、看護師、介護士らチーム医療スタッフ全員で使える医療関係者必携書。

発行日
2016/3/5
サイズ
新書版
頁数
234頁
価格
本体3,000円+税

ご購入はこちらから
(出版社のサイトへ移動します)

耳鼻咽喉科 早わかり 漢方薬処方ガイド

耳鼻咽喉科 早わかり 漢方薬処方ガイド

著者
市村 恵一
発行
中山書店
詳細

近年、耳鼻咽喉科でも漢方薬処方の関心が高まっている。本書では西洋薬をベースに漢方薬をどのように使用していくかを、耳鼻咽喉科領域の疾患ごとに解説した。具体的な処方とともに薬物療法のフローチャートを掲載し、漢方薬の初心者でもすぐに利用できるように工夫。巻末には付録として、耳鼻咽喉科汎用漢方薬の保険適応疾患一覧と主な生薬一覧を収載。漢方薬の処方を考えている耳鼻咽喉科医必携の一冊。

発行日
2015/2/5
サイズ
B5
頁数
244頁
価格
本体5,500円+税

ご購入はこちらから
(出版社のサイトへ移動します)

臨床力をアップする漢方-西洋医学と東洋医学のW専門医が指南!

臨床力をアップする漢方-西洋医学と東洋医学のW専門医が指南!

著者
加藤 士郎
発行
中山書店
詳細

西洋医学と東洋医学の専門医を併せもつ臨床21領域のスペシャリスト(W専門医)がプライマリ医に推薦したい漢方薬を紹介! 各科3疾患に3処方ずつを厳選して紹介,解説する.漢方治療の考え方や作用機序・有害事象・公衆衛生などの基礎的な解説,総合内科・高齢者・感染症・救急医学の臨床横断的解説も充実.西(西洋医学)をみてから東(漢方医学)をみることで臨床力をレベルアップする「漢方薬治療指針」!

発行日
2019/2/15
サイズ
A5判
頁数
272頁
価格
本体4,300円+税

ご購入はこちらから
(出版社のサイトへ移動します)

日本医事新報社

論より証拠の漢方処方

論より証拠の漢方処方

著者
髙山 真
発行
日本医事新報社
詳細

【漢方薬にもエビデンスが! これを読めば腑に落ちる!】世界初の「漢方薬に関する高齢者の診療ガイドライン」をまとめた東北大学漢方内科のメンバーによる、漢方処方の入門書! 研修医や学生への指導経験豊富な執筆陣が、臨床研究とエビデンスをもとに西洋医学的アプローチで漢方の使い方を解説します。エビデンスに基づいたファーストチョイスだけでなく、臨床経験を盛り込んだセカンドチョイスや類似の漢方の使い分けまで、具体例を多数紹介。外来でさっと調べてすぐに使える一冊です。

発行日
2018/4/30
サイズ
B5
頁数
186頁
価格
本体4,000円+税

ご購入はこちらから
(出版社のサイトへ移動します)

あなたも名医!よくある症状の治療選択肢にプラス! 漢方を使いこなそう ver.2【電子版付】

あなたも名医!よくある症状の治療選択肢にプラス! 漢方を使いこなそう ver.2【電子版付】

著者
佐藤 弘
発行
日本医事新報社
詳細

【症状別のベストな漢方処方が一目でわかる】症状ごとに「漢方治療の良い適応となるのは?」「処方薬の第一選択」「第一選択薬が効かないとき」「処方前に押さえておくこと」をまとめるスタイルで、漢方治療の考え方をわかりやすく示しました。これから漢方医学について学びたい方にも、より幅広く実践したい方にも役立つこと間違いなしの1冊です!

発行日
2019/10/25
サイズ
B5
頁数
168頁
価格
本体3,500円+税

ご購入はこちらから
(出版社のサイトへ移動します)

ジェネラリストのための“メンタル漢方”入門〈抗うつ薬・抗不安薬を使うその前に〉(第2版)【電子版付】

ジェネラリストのための“メンタル漢方”入門〈抗うつ薬・抗不安薬を使うその前に〉(第2版)【電子版付】

著者
宮内 倫也
発行
日本医事新報社
詳細

【向精神薬を出す前に、漢方薬という選択肢を考えてみませんか?】漢方ビギナーの先生方に贈る、“メンタル漢方”入門書です。抑うつ、不安、不眠、認知症BPSD、身体化障害に使える漢方処方を紹介。生薬の作用を知ることで、処方の意味や使い分けがわかるようになります。軽度の精神症状の初期治療として、向精神薬の補助として、漢方薬を上手に使いこなしましょう!

発行日
2019/9/2
サイズ
A5判
頁数
320頁
価格
本体3,800円+税

ご購入はこちらから
(出版社のサイトへ移動します)

診療の引き出しが増える 頻用漢方薬10の処方【Webオリジナルコンテンツ】

診療の引き出しが増える 頻用漢方薬10の処方【Webオリジナルコンテンツ】

著者
田中 博幸
発行
日本医事新報社
詳細

【漢方薬の効果の打率が上がる!】代表的な10の漢方薬について「初級者向け」と「上級者向け」に分けて説明。初級者向けには、簡単な漢方所見、構成生薬などと関連づけて解説し、上級者向けには、鑑別処方・類縁処方との使い分けなどを紹介しました。さらに、漢方特有の診察法の基本について動画で解説! これを読めば、初級の先生は病名投与から一歩前進、上級の先生は症状や漢方所見をもとにした次の一手を打つことができ、診療の引き出しが増えます。

発行日
2020/3/17
サイズ
A4判
頁数
29頁
価格
本体1,500円+税

ご購入はこちらから
(出版社のサイトへ移動します)

実践 子どもの漢方【電子版付】

実践 子どもの漢方【電子版付】

著者
黒木 春郎
発行
日本医事新報社
詳細

【いつもの診療に漢方を加えて、治療の引き出しを増やす!】「感冒」に抗菌薬は不要、がスタンダードとなりました。また、胃腸炎で吐き気止めを処方、果たして有効でしょうか。西洋薬で対応できないとき、効果が十分でないとき、西洋医学でその概念がない病態をみるとき、”漢方”という選択肢を持っていると診療の幅が広がります。

発行日
2018/08/21
サイズ
A5判
頁数
178頁
価格
本体3,800円+税

ご購入はこちらから
(出版社のサイトへ移動します)

実践 ちょいたし漢方 増補版

実践 ちょいたし漢方 増補版

著者
新見 正則
発行
日本医事新報社
詳細

【漢方医学の虜になる“しかけ”が満載】漢方理論は一切出てきません。あくまで西洋医の立ち位置から、治療手段のオプションとして漢方を取り扱います。がっちりタイプ、女性、高齢者など患者タイプ別のフローチャート形式で77項目をわかりやすく解説。漢方は何から手をつければよいかわからない…そんな先生にこそ読んで頂きたい1冊です。

発行日
2015/02/10
サイズ
B5判
頁数
160頁
価格
本体3,500円+税

ご購入はこちらから
(出版社のサイトへ移動します)

株式会社ライフ・サイエンス

月刊誌Progress in Medicine2017年2月号 特集:フレイルに対する漢方医学の果たす役割

月刊誌Progress in Medicine2017年2月号 特集:フレイルに対する漢方医学の果たす役割

編集
葛谷 雅文(名古屋大学大学院医学系研究科地域在宅医療学・老年科学)
発行
株式会社ライフ・サイエンス
詳細

超高齢社会に突入しているわが国にとって、今後の健康寿命の延伸を目指す上でも、フレイル対策は極めて重要である。本特集では、フレイルのみならず多くの老年症候群や高齢者医療と漢方とのかかわりについて紹介する。

発行日
2017/2/10
サイズ
A4版、モノクロ
頁数
164頁
価格
本体1,800円+税

ご購入はこちらから
(出版社のサイトへ移動します)

月刊誌Progress in Medicine2018年10月号 特集:不眠に漢方をどう使うか

月刊誌Progress in Medicine2018年10月号 特集:不眠に漢方をどう使うか

編集
堀口 淳(島根大学医学部免疫精神神経学共同研究講座)
発行
株式会社ライフ・サイエンス
詳細

いまやすべての臨床医にとって避けては通れない問題となった不眠。本特集では、漢方薬の不眠治療における効果に注目し、小児から高齢者にいたる漢方処方を解説、さらに近年話題の睡眠負債のトピックも紹介する。

発行日
2018/10/10
サイズ
A4版、モノクロ
頁数
86頁
価格
本体1,800円+税

ご購入はこちらから
(出版社のサイトへ移動します)

[漢方製剤]応用自在のユニット処方解説

[漢方製剤]応用自在のユニット処方解説

著者
秋葉 哲生
発行
株式会社ライフ・サイエンス
詳細

本書は前著『広い応用をめざした漢方製剤の活用法 活用自在の処方解説』を発展させた秋葉漢方医学の集大成。医療従事者や薬剤師を対象に、現行の医療用漢方製剤および伝統的な煎薬を運用する基礎知識を講義する目的で刊行された。ユニットとは漢方製剤を構成する生薬の基本的な組み合わせのことで、製剤ごとにユニットの薬能、特徴、漢方医学的な視点などを簡潔に解説している。

発行日
2017/11/10
サイズ
B5
頁数
336頁
価格
本体3,800円+税

ご購入はこちらから
(Amazonのページへ移動します)

地域包括ケアシステムにおける漢方―高齢者医療における漢方の役割―

地域包括ケアシステムにおける漢方―高齢者医療における漢方の役割―

著者
加藤 士郎
発行
株式会社ライフ・サイエンス
詳細

少子高齢化社会を迎えたわが国においては、高齢者のマネジメントの重要性がより高まっている。そのマネジメントにとって有効だと考えられる食事・漢方・包括ケア・リハビリテーションを中心にまとめた書籍で、高齢者のマネジメントに関わる人々には不可欠な1冊といえる。

発行日
2019/6/3
サイズ
B5
頁数
96頁
価格
本体1,300円+税

ご購入はこちらから
(出版社のサイトへ移動します)

創元社

一本堂行余医言(巻之五)

一本堂行余医言(巻之五)

著者
香川修庵著/濱田秀伯監修/上宇都ゆりほ、岩熊麻由美訳
発行
創元社
詳細

本書は、江戸時代の漢方医学者である香川修庵(かがわしゅうあん)の残した全二十三巻の医学全書『一本堂行余医言(いっぽんどうこうよいげん)』のうちの一冊「巻之五」を現代語に全訳し注釈を付したもの。今日の精神病を広く含み込む「癇(かん)」、神経症、知的障害など、さまざまな精神障害の臨床像や治療経過を多くの症例に基づいて緻密に記録したもので、精神医学の歴史からみて当時の最も優れた医療記録の一つと言える。

発行日
2019/08/23
サイズ
A5判
頁数
144頁
価格
本体5,500円+税

ご購入はこちらから
(出版社のサイトへ移動します)

南山堂

147処方を味方にする 漢方見ひらき整理帳

147処方を味方にする 漢方見ひらき整理帳

著者
井齋 偉矢
発行
南山堂
詳細

本書では「西洋薬と区別なく処方される存在として漢方薬を位置付けているサイエンス漢方処方」という新しい概念に基づき147の漢方薬を各2ページで解説した。漢方薬選択に必要なキーワードに、適切なイラストや画像があり、イメージしやすい。この1冊で漢方薬の選び方・使い方がわかる。

発行日
2018/01
サイズ
A5判
頁数
313頁
価格
本体4,000円+税

ご購入はこちらから
(出版社のサイトへ移動します)

Rp.+(レシピプラス)2017年春号 Vol.16 No.2 よく出る漢方薬ABC

Rp.+(レシピプラス)2017年春号 Vol.16 No.2 よく出る漢方薬ABC

著者
大澤 稔 他
発行
南山堂
詳細

本書は臨床上繁用される「よく出る漢方薬」について、使い方を身に付け、処方解析につなげ、患者さん個々に合わせた服薬指導ができるように構成。また、「漢方薬と患者さんの困っている症状」を視覚的に把握できる図と同種漢方薬の使い分けの例示があり、より漢方薬の特徴が理解しやすいでしょう。漢方薬の入門・初心者におすすめの1冊。

発行日
2017/4/1
サイズ
B5判
頁数
110頁
価格
本体1,200円+税

ご購入はこちらから
(出版社のサイトへ移動します)

救急初療室でも使える!一撃!! 応急漢方

救急初療室でも使える!一撃!! 応急漢方

著者
井齋偉矢
発行
南山堂
詳細

本書は救急対応が必要な症状のある患者、急性疾患に罹患した患者のなかでも、漢方薬による対応が有効なものを、臨床現場でどの漢方薬を選び、使っていくかを筆者の長年の経験をもとに簡潔に解説する。漢方専門家ではなく救急診療時に即役立つよう、各項目に現状の救急医療の対応、その問題点、有効な漢方薬とその使い方を構成した。

発行日
2019/07/10
サイズ
A5判
頁数
91頁
価格
本体2,000円+税

ご購入はこちらから
(出版社のサイトへ移動します)

介護漢方 -排泄障害・摂食嚥下障害・運動器障害・睡眠障害・フレイル・サルコペニアへの対応-

介護漢方 -排泄障害・摂食嚥下障害・運動器障害・睡眠障害・フレイル・サルコペニアへの対応-

著者
井齋 偉矢
発行
南山堂
詳細

多くの被介護者に排泄,睡眠,運動機能などに問題があり,これらは介護負担に直接つながり,軽減が求められています.そこで,本書では被介護者の問題となっている症状にあわせて「漢方薬を活用する」ことで被介護者が元気を取り戻し,介護者の身体的・精神的負担を軽減できるよう解説した.介護に携わる医療スタッフの必携の書.

発行日
2020/07/01
サイズ
A5判
頁数
75頁
価格
本体2,000円+税

ご購入はこちらから
(出版社のサイトへ移動します)

試し読みができるアプリのダウンロードはこちらから

iPhone/iPadの方 Androidの方